馬龍(ま りゅう、マー・ロン、Ma long)のフォアドライブ(横から見た)

馬龍(ま りゅう、マー・ロン、Ma long)のフォアドライブ(横から見た):

馬龍のフォアハンドは、身体を非常にダイナミックに使うため、非常に強烈です。身体を目一杯ひねって打つので、対戦相手はコースが分かりません。試合序盤でこそ、ボールをあまり散らさずに相手バックサイドにボールを集めるが、ある程度、相手にバック狙いを印象付けたら、相手フォアサイド、ミドルにも打ち、コースを散らす。ゲーム後半では球速とドライブ量もさらに上げてプレーしていく。
馬龍のフォアハンドは、相手に精神的ダメージを大きく与えます。強打を受けた対戦相手は、馬龍のフォアハンドを恐れて、プレイに焦りが生まれ、自らミスをしてしまう。馬龍と戦うには、フォアハンドの打ち合いで互角以上に戦える必要がある。試合では、ネットのかなり高いところを通して打っており、ミスのリスクを減らしてプレーしている点にも注目してもらいたい。あらゆるミスのリスクを避け、あらゆるプレーヤーに勝つために、バランスの取れたオーソドックスなプレイをする。フォームもバランスが良い。
ラケットや腕の動きに目が行きがちですが、下半身に注目すべきである。馬龍選手を見て分かるが、卓球選手は下半身が強くなければ試合に勝てない。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-14-18-33-29

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-14-18-33-48

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-14-18-34-02

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-14-18-34-22

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-14-18-34-43

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-14-18-34-55

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-14-18-35-26

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-14-18-35-38

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-14-18-35-56

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-14-18-36-11

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-14-18-36-34

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-14-18-36-46

許 昕 XU Xinのフォアハンドドライブ

許 昕 XU Xinのフォアハンドドライブ:

許昕のフォアハンドは、腕をピンと伸ばして打つ個性的なフォームで、意外と相手の力を利用して強打するタイプ。打ち込む時はミスを恐れず、大胆に連続攻撃をする。ノッてきたら手がつけられないタイプです。器用な選手であるが、接戦になると崩れやすい。世界ナンバー1になるには、メンタル面のトレーニングも必要だろう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-26-19-33-08

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-26-19-33-48

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-26-19-34-07

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-26-19-34-31

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-26-19-34-49

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-26-19-35-03

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-26-19-35-16

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-26-19-35-40

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-26-19-35-57